その後に役立つ能力を

英語教育については、日本人は中学校から長く英語を勉強しているにもかかわらず、実際にしゃべることができる人が少ないということが指摘されてきました。
字際、大学入試であっても、英会話が科目に入っているところはまだまだ少なく、実用的な能力があるかどうかは問われる機会は圧倒的に少ないといえます。
その反動で、TOEICなどの世界的な英語習熟度のものさしになるような検定の結果は高く評価されることが増えています。
そんな状況を踏まえて、TOEIC対策のための英会話レッスンを打ち出すところも増えてきています。
TOEIC対策を行うためには、まずはネイティブの英語に慣れていくことが肝心です。
実際に、企業活動で使用することも踏まえるならば、日本の文化、英語圏の文化両方について、わかっているような教師がいる英会話レッスンを受けることです。
TOEIC対策はもちろん、TOEICが簡単になるばかりではなく、その後の活動に役立つこと以上の能力を身につけることができます。

今後について

現在の英語教育では、義務教育においては、特に小学校から英会話のレッスンが授業に取り入れられる様になっています。
英文解釈や文法においては、中学校くらいから取り入れられていますが、世界情勢をみても、今後日常英会話くらいは必須事項になると予測されます。
英語が世界の共通語になりつつある現在、英語を日常会話程度に話す事ができないと、就職などにおいても限られた範囲での活動になる可能性も考えられます。
更に、今後も効果の出る学び方が進化し、英会話レッスンが続いていくと予想されます。
TOEIC対策については、現在は個別に勉強するケースが多く、大学の英文科などは別として、まだ一般的な対策は学校などではとられていないとみられます。
しかし、大学入試や、企業への就職試験において、TOEICでの試験結果がかなりある一定の基準として採用されています。
この傾向は増え続ける事が予想されます。
そのため、TOEIC対策としてのレッスンが、更に下がり、高校や中学でも始められる事も考えられます。
今後も多方面において、TOEICに対する英語理解基準が採用されるていくと予測されます。

日本の英語教育について

日本における英語教育は、世界でも遅れをとっている、といわれています。
よくいわれる事として、文法を主体にした英語教育であり、かなりの年数を経過しても、英語を話すという点において欠点がある、というものです。
これは、まだ会話としての指導に到達できていなかった時代があり、外国人と交易があるなど、一部の限られた人間しかできない時代背景もあったからです。
近代になっても、到底英語教育までは達しておらず、敗戦を迎える事で、やっと話す、ではなく、文法主体の英語教育が実施されるに至った日本の背景があります。
戦中においては、敵国の言語を学ぶ事は勿論、書物をもつ事さえ許されなかった時代です。
戦後になると、米軍が駐留、日本における舵をとる事で、やっと英語教育が実施されるに至っています。
英会話が重視され、見直される様になったのは、ご存知の様に、つい最近の事になります。
更に、TOEIC試験が実施される様になったのもかなり後になってからの事です。
その試験結果が、様々な大学、企業でも採用される様になったため、この対策も必要になってきています。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年9月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930